手のわろき人の、はばからず、文書き散らすは、マジでよし!

考えること

毎日、毎日、梅雨のような天気

今年は梅雨が早いのか?

梅雨が過ぎたら、夏が来る

今年の夏、少しは手加減してほしい!

最近、字を書き始めました

字って、書かなくなるものです。

手紙や、申請書など、全部、パソコンとか、スマホでちょちょいのちょい。

指先ひとつでなんでも操作してしまうから、面白みがない。

鉛筆をもって、字をしっかりと書く。

学生だったころは、毎日のようにしていたのに、この落差。

おかげで、漢字の書き方もいまひとつ怪しい・・・。

字は汚いけど、書くことは好き。
英語の勉強もしているけど、本当に書かない。

これはまずいと、また書き出してみることにした。

ノートにペンで文字を書くと、なんだか心が落ち着く。

これってもしかして、文字を書く効果かも?!

 

文字を書く効果

実は、「手書き」にはたくさんの効果があるということが証明されているようで、
脳のバランスがよくなるのだそう。

そのほかにも、

  • 文章力・語彙力の向上
  • 記憶力の向上
  • 自分の思考・行動パターンが客観視できる
  • ストレス解消
  • ポジティブになる 等々・・・・

【きざむマガジンさんからの引用】

書くことはシンプル。

愚痴から思ったことから、今日あったこと、これからの夢など、
心に浮かんだことをノートに書きだすだけ。

最初はうまくいかなくても、誰に見せるわけでもないノート
自由に心の羽をひろげて、なんでも書いてみちゃいましょう!

手のわろき人の、はばからず、文書き散らすは、よし

字を書くということに当たって、ふと、思いつくのが
吉田兼好の随筆(現代風に言うとエッセイ)「徒然草」の第35段

「手のわろき人の、はばからず、文(ふみ)書き散らすは、よし。
見苦しとて、人に書かするは、うるさし。」

訳:字の汚い人が、文章を書き散らかすのはよい。
でも、字が汚いからといって、人に書かせるのは、ださい。

私も字が汚いので、字を書くといつもこの文章が頭をよぎります。

この徒然草、鎌倉時代後期に書かれたものらしく、244段のエッセイ集となっております。

内容はというと、

「兼好さん、こんなこと書いていいの?!」

といった随筆集。

色欲とか、名誉とか、心に浮かんだことを書き留めていたという印象の内容です。

現代と通じる部分があるのは、
あまり人って変わってないのかな・・・?と感じさせられます。

心に浮かんだことを書き留める。

ノートにもブログにも

無理をしないで、背伸びしないでのんびりと書いていくのが一番かも、と
ふと、肩の力も抜けました。

 

 

Today’s one-phrase English  ~ whereabouts ~

whereabouts                       (だいたいの)所在地 どのあたり

where (どこ) + abouts (~について) = 大体の場所 という意味になります。

 

1. どこら辺に住んでいるの?とざっくり聞く

初対面の人や、男性が女性に対し

おや!どこに住んでいるのかな?

と思い、「Where do you live?」 どちらに住んでいますか?

というと、ちょっと直球勝負すぎるようで、

Whereabouts do you live?  どこら辺に住んでいるんですか?

と聞くと、軽い感覚での質問になります。

whereabouts と複数形ですが、単数だと古めかしくなるようです。

 

所在・居所 としてのwhereabouts

Police are looking for information about the suspect’s whereabouts.
警察は容疑者の居場所に関する情報を探している。ネイティブと英語について話したことHP より引用
容疑者の所在を示す際にニュースでよく使われます。
マリー
マリー

Thank you for reading

コメント

タイトルとURLをコピーしました