試着→確認 必須です

以前、古着屋で働いていた私。

実店舗でも、通販でも、服を買うときは

まず!

ここを見てみて!

 

上着編

新しい服を買うと、テンション上がって、

つい、
似合うかどうかを先に見てしまう・・・

特に、通販で購入したものは、案外落とし穴があったりするもの

似合っている!とひとまず確認したら
次は、「欠陥」がないか、確認してみて

 

最初にやってほしいことは、

ポケットのついているものは

必ず手を入れて
ポケット部分が破れていないか確認してみる

ポケットの裏地部分

 

次は、

上に着るものは、まず、必ず!!手を通して

そんなの、当たり前でしょ”!!

いえいえ、

特に裏地のついたコート類などは、

  • 袖を通すことで、腕の部分の裏地がきちんと腕が通るように縫製されているか
    (ねじれて縫われていたり、くっついていて袖が通らない場合もある)
  • 腕の部分の裏地に穴が開いていないか
  • わきの下の裏地の部分が破れていないか

がわかるのです。

そして、

これまた必ず、裏返してほしいのです!

脇の下はこすれるので、破けている可能性大

袖の縫い目も要チェック

あとは、縫い目部分を軽く引っ張って、ほつれていないかを確認してみます。

アウターがファスナー仕様なら、
なんどかファスナーを上下に滑らせることも必要。

雑な縫製品は、ファスナーが噛みやすい仕立てになっている場合大。

 

パンツ・スカート編

こちらも上着同様、ポケットがあれば要チェック

 

そして、裏返していきます。

デニム等のミシンで仕立てられているものは、特に問題はないと思われますが、

フォーマル寄りのパンツ、スカートは

まず!

を確認します。

たいていがまつり縫いで仕立てられているので、ほつれている場合が多いです。

そして、裏地がついているものも多いので、
こすれやすい股の部分の確認は必須。

裾部。

 


股の裏地部。動きが激しい部分なので、劣化も早い

 

実店舗では鏡で合わせて、「はい、買います!」の前に、

しっかりと試着をして、

体にフィットしているか、
不良部分がないかを確認してみることが大切です。

 

試着のできない通販品は

とにかく、手元に届いたら、すぐ試着。

不良部分がないかを、目を皿にしてよ~~~く確認してみます。

一度でも使用してしまえば返品不可という店舗が多いので、

がっかりする前に、自分でもしっかりと確認をしてから
購入した商品を楽しみましょう。

 

 

Today’s 1phrase English with グスタフ

No offence/Non taken       悪気はないけど/気にしてないよ

This plan is such a junk! No offence.

悪いけど、このプランはゴミだよ!

OK. Non taken.

気にしてないよ

悪気があるわけじゃないけど、ちょっと厳しめのことを言う必要があるとき、

ひとこと「No offence」と付け加えれば、印象も軽くなります。

ちょっとした気遣いがコミュニケーションの潤滑油になるのは

どの言語でもいっしょよね

 

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました